PANT.U
パンツじゃないよパン・ティーユーって読むんだよ。 アニメよりの特に撮影の記事が多いブログです。
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DMC
デトロイト・メタル・シティ 3 (3) / 若杉 公徳

クラウザーさまが降臨なされました。
相撲取りはクラウザーさまが操ってることを初めて知りました。
やはり偉大なお方です。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

今日の一日 4月27日
今日はなんだか朝から慌しかった。
みなさんお疲れ様でした。
そして今頑張ってる人ご苦労さまです。

夜の会合遅れて申し訳ありませんでした。
もっといろいろ話せればよかったんですが、まぁまた来週会う時にでもw
さぁ頑張るぞ!

それにしてもグレン炎上・・・・・そんな大それたことになっているとは~
Yahooニュースみてビックリですわ。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

あれ一体どういうことだ?
今日仕事で泊まる気満々だったんですが、なんだかよくわからない状況で帰れって言われました。
とりあえず帰ってきましたがスコーンと空虚な気分に。
終電で帰ってきてさてこれからどうするって考えてたらこんな時間に。
何やら無駄な時間を過ごしているように思えてしょうがない。

とりあえず今日買った漫画を読む。

くじびきアンバランス 1 (1) くじびきアンバランス 1 (1)
小梅 けいと、木尾 士目 他 (2007/04/23)
講談社

この商品の詳細を見る

目的はもちろんおまけページのげんしけんですよ。
斑目が・・・・・
本編も結構読みやすかったです。

あとライディーンも買いました。
REIDEEN 1 (1) REIDEEN 1 (1)
東北新社 (2007/04/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

アニメはまだ1話しか見たことないんですが、絵が烏丸匡さんだったから一目見て即購入ですよ。
中身は・・・まだ読んでいません。
絵は一通り見ましたが(ぇ
そうそう自分は漫画読むのが非常に遅いんですよ。
ちゃんと読むのに1冊3時間は必要かもしれません。
小説だと下手したら1ヶ月かかっちゃいますね 汗
なので絵コンテ読むのもかなりかかります。
そんな僕でも中学のとき全国統一模試で全国16位になったことがあります。
今思えばなんで国語点が良かったのか訳が分かりません。
文章問題最初から最後まで読んだためしがないですから・・・

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

今週は
どこも忙しいんだろうなぁ

最近あんまり更新できてなくてすんません。
病に倒れていたので・・・・っていうのは嘘で会社でやりたい放題やってました。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

なんてこった
今日会社行く気満々で朝準備してたんですが、喉の腫れが収まってなかったので、とりあえず病院行って薬もらって来ようと思い病院行ったんですが、「ちょっと熱あるんじゃないですか?」とか先生に言われて測ったら38.3℃あるではありませんか。
なんだろ?風邪ってこんなもんでしたっけ?
肩がちょっと重たいだけで全然大丈夫なんですけど・・・・
とりあえずすみません・・・会社また休みます・・・

テーマ:アニメーター日記 - ジャンル:アニメ・コミック

ふしぎ星の☆ふたご姫GYU! 第52話
最終話は量が量だけに1週間エフェクト期間を与えてもらいました。
与えられた期間内で最大限のことをやろうと思い、1週間の泊り込みを決めました。
前回、最終話の香盤表が4枚組になってしまったと記述しました。
撮影の香盤表というのは、担当者以外のラインの人がこのシーンはどういうフィルター、エフェクトを入れればいいのかわかりやすくするためのものです。
ただ最終話に関しては、自分とW田さん、O久保さんがどのエフェクトを担当するかわかりやすくするためのものにしかなりませんでした。
シートだけは打ってもらって、エフェクトは担当者にパスといった形で進めていきました。
ドームの処理は前回説明表を作っておいたのでラインの人たちにがんばってもらいました。



まず冒頭の51話の続き~BCKが完全体になるまでのオーラのカットは、W田さんが担当しました。(このオーラは結構面白いことやっていますね。)

その後のファインとレインの一人魔法なんですが、普段は自分でつけていますがどうしてもやりたい!っと言ってくれたG藤さんにやらせてみました。
時間はかかりましたが、かなり近い感じにでき上がったので若干の詰めとタイミングを調整するだけで絵が完成したのでとても助かりました。
逃げながら魔法を打つところも魔法自体の動きは自分でつけましたが処理的なことは全てG藤さんにまかせました。

エリザベータの紋章が出てきて衛星モニタが登場するカットはO久保さんが担当しました。
贈り物BANKという以前自分が作ったカット合わせでやってもらって非常に助かりました。

その衛星モニタに表示された一人魔法、その後のぐるぐる走りをしながら放つ魔法を自分が担当しました。

実の中にファインとレインが飲まれたときのエフェクトカットは、まず自分とW田さんがエフェクトを決めて、その後はO久保さんと手分けしてやりました。
変身が解けるシーンの最初のカットは予告優先になっていて、そこはW田さんが担当し、その後の一連の流れは私が決めてO久保さんやG藤さんにまかせました。

おひさまの国のプロミネンス自体のエフェクトに関しては旧ふたご姫からやっていたことなのですんなり出来上がりました。

歌を唄い始めてから出てくる暖かい感じのパーティクルの光は、絵コンテのイメージを忠実に再現しようと思い、まず予告優先時自分が処理を勝手に決め、W田さんと私が手分けしてやった感じです。
パーティクルの光がファイン、レインに降り注ぎ始めるカットは、擬似的な3D空間を作り出すため、Z軸でパーティクルを分断させドームバリアの奥と手前に配置し、ドームバリアをすり抜けるような構造にしました。

光を受けてから変身→全てのハッピーを守るグランドユニバーサルプリンセスになるまでの一連のカットは自分が担当しました。
まずファイン色、レイン色に光始めてからグランドユニバーサル色になりつつ変身していくカットですが、当初マスクが髪の毛とドレスで分けられていませんでした。
しかしどうしてもドレスと髪の毛の光加減のタイミングを変えたかったので無理を言ってマスクをわけてもらいました。
光の翼が生えるカットですが、光の翼自体はすでに祝福魔法のカットに取りかかっているW田さんがすでに作り上げてくれていたので、それに合わせるだけですみました。
そして光があふれ出し実がはじけ飛ぶカットですが、これは予想以上に時間がかかりました。
レイヤー数だけで尋常じゃない数になるほどのものになり、気づけば300レイヤーを超えてしまいました。
素材出し(ある程度素材を作り上げたらそれ単体でレンダリングして軽くする作業)の前のものをあわせたらもっとすごいことになってましたね。
取り掛かってからフィニッシュまで12時間かかってしまいました・・・・すみません。
そしてこのカット、なんと自分のメインマシンでも重くてレンダリングがはじかれるという非常事態に。
仕方がないのでデスノートの撮影監督さまの最速マシン単体でレンダリングするというなんというか迷惑をおかけしてしまいました。

決めポーズは、最終日の本当の最後の最後に取り掛かったカットです。
打ち合わせの時、演出のO野さんから羽根を増やしてほしいとの要求があったので、とりあえず時間の許す限り羽根を増やそうと思い最後に回しました。
作画の動きが3コマ打ち(1秒24フレームで3回同じ絵を使用。つまり1秒間に8フレーム)だったのでそれに合わせてコマを落としました。
ギリギリのギリギリまでやり、なんとかセルっぽい動きにして当初の5倍まで増やすことができました。
同じカット、同じ題材(羽根)でアニメーターさんの作画と撮影のなんちゃって作画のコラボという今までで試みたことのないことができてちょっと面白かったですね。

Bパートになり翼を広げて羽ばたき、翼から光が散る計2カットも自分が担当しました。
羽ばたき始める方のカットは、頭の中で思い描いてたビジョンを一発勝負でやってみたところ成功したので精神的にとても楽になりましたね。

そしてここから祝福魔法になりますが、祝福魔法、天使の輪~パワーアップまでは全てW田さんが担当しました。
カットの数が数だったためW田さんの負担はかなりのものだったと思います。
特に祝福魔法発動時のエフェクトは大変だったと思います。
そしてこの祝福魔法1つ1つのレンダリング時間がとんでもなかったのは言うまでもありませんねw

吸い取りパワーMAXで吸われた後、翼が砕けるカットは自分が担当しました。
ただ砕ける作画はアニメーターさんが描いてくれていたのでパーティクルのお化粧するだけでいい絵ができました。

ブラッククリスタルキングから穴が空き、ハートの花火になるまでの一連のカットも自分が担当しました。
爆発する直前の穴が空くカットですが、時間的余裕がなくてマスク分けをY島さんやF屋くんに手伝ってもらって本当に助かりました。
私が担当するカットで最もネックとなったのはこのハートの花火で、カットが来てからでは効果音等つける日までに絶対に間に合わないと判断し、2週前からハートの核だけは作っておきました。
おかげで音のタイミングを合わせるハートの核の素材だけはその日までに間に合ったので事無きを得ました。
ピンクのハートの周りに金色のハートの枠を付け加えたのは音つけの後です。
こちらは質量的にはピンクのハートよりも重いものというイメージがあり、爆発後若干重力の差をつけています。
なぜそうしたかというとその後のカットで花火が散ってる真ん中でソレイユベルの鐘が鳴るカットがあり、そっちのイメージがピンクのキラキラと金色のキラキラが散りばめられて、幻想的なシーンにしたかったからです。
時間的に考えると金色の方が質量が重くないと混ざり合って散りばめられた感じにできなかったからです。
このソレイユベルの鐘が鳴っているカットは一瞬の閃きで、このカットをどうするか考えているときになぜか「ジョーブラックをよろしく」という映画の後ろで花火が鳴っているシーンを思い出し、よしあんな感じにしてみよう!ってやり始めたら前後のカットも自然と完成形がみえてきました。
ハートの花火が最終的にあの形になったのはこのカットがあったからなんですよね。
そしてこのカットの奇跡はこれだけじゃなく、作業中あまりの重さにプレビューができない状態でしたので、全てエフェクトをつけた後、レンダリングしてチェックまでいかないと見れませんでした。
頼む~と心の中で叫びながら見てみたらなんとびっくり、作画の動きにマッチングしてて思い通りの絵が完成されていました。

ふたご姫が笑顔を失った後、ハッピーパワーの結晶が降ってくる一連のシーンは、以前39話で被写界深度を計算できる3Dではなく、いわゆる2.5D上での雪の降らし方をあみ出してしまったため、またまた全てのカットを自分でやると言ってしまいました。
デザイン的なものはすでに頭の中でイメージしていたので、あとはどうやってその形に持っていくかということを空いてる時間を利用して3日ほど試行錯誤しました。
なんとかイメージに近づき、あとはキャラの顔になるべくかぶらせないよう制御することだけを第一に考えながらエフェクトをつけました。

エドワルド登場~絵に戻るカットも担当しました。
これもある有名な映画の1シーンをずっとイメージしていたので何気なくカットを自分のデスクに置きましたw
その映画というのは「ゴースト~ニューヨークの幻~」で主人公(パトリック・スウェイジ)が最後天国へ旅立つときの主人公の周りの後光みたいなエフェクトがなんとも感動的で、今のアニメーションでこれやってみたら逆に新鮮ではないか?と思い挑戦しました。
色は違うものの同じような処理に成功して思ったことは、17年前の技術でもこんなことができたんだなぁとエフェクトの歴史にかなり興味を持ちましたね。
興味を持っただけでまだ何も調べてないですけどね 汗
絵に戻るカットが多分最終話で最初に完成したエフェクトだったと思います。
神々しくそしてハッピーな感じという抽象的なイメージしかありませんでしたが、なんとか他のエフェクトカットとかぶらないような感じにはなりました。

学園長先生が「ハッピーパワーは全て元に戻り・・・・」とブラック星がホワイト星に戻るカットも自分が担当しました。
これはあるプラグインの新機能を使い、今までで出来なかったことが可能になったため実現したカットです。
以前話した通り3DCGの使用は禁止だったためこの新機能はとてもありがたいものでした。
それに3DCGのエフェクトだと計算しつくされて、ふたご姫という作品では浮いてしまっていたと思います。
しかし、このプラグインだとアニメパース的なうそパースが作れるため、この作品になじんだ動きをつけることができました。
ただこれを作品で使用したのは自分しかいなく、いろいろやっている内に一晩使ってしまったんですよねぇ・・・

ソレイユベルが登場するエフェクトとエリザベータの紋章から舞踏会場が登場するエフェクト、舞踏会場内のエフェクトはW田さんが担当しました。
イメージ的背景で踊るそれぞれのカップルエフェクトは1つ自分がつけて、それに合わせてO久保さんたちが手分けしてつけてくれました。
そして最後のハッピーフラワー~みんなハピハピハッピッピ~のラストカットまでO久保さんが担当しました。



最後のテープが出来上がり進行さんに渡した後は、まだふたご姫は次週もあるんではないかという錯覚がありましたが、その次の日進行さんから「無事V編が終わりました。」という言葉をもらいうちの技術部みんなが拍手をしてくれた時、あ~これでふたご姫も終わってしまったんだなぁと思い老け込みました。
ふたご姫が始まった当初はまだ学生で、そこから今の会社に入り、半年後電撃的な状況でふたご姫の撮影監督補佐をやることになってから1年半。
その1年半はふたご姫がライフワークとなり、そして自分が成長することのできた貴重な時間だったと思います。
ふたご姫が終わった後、マネージャーから「(撮影監督のW田さんと自分のコンビは)正しい選択だった。」と言ってもらえて熱いものがこみ上げました。
ふたご姫に関わったスタッフの皆様おつかれさまでした。
おそらくふたご姫についての記事は最後だとは思いますが、これからもたまにはふしぎ星、ロイヤルワンダー星のみんなを思い出してちょっと覗き込んでくれれば幸いです。
それではまたw

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

風邪ひきました
_/ ̄|○ il||li
喉が腫れています。
今日は泊まりの予定だったのに・・・・

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

死の警告
この前マネージャーと1対1の面談をしました。
いろいろな話しをしましたが、その中で私とそっくりなタイプの方が過労で亡くなったと聞いてかなりショックを受けました。
マネージャーはとても心配してくれました。
まぁやりたいこと何も果たさずに死にたくはないので健康面には気をつけようと思います。
ただ健康面のことだけを言ってるんではないというのはわかってるんですが、今はそれが精一杯。
計画ではあと120年は生きようとは思ってるんですがねぇw

まぁそれはともかく様々な影響下のせいでみんなの(特に私より後輩の)向上心が下がってきているのが心配である。
やればいい的な・・・・なんというかクリエイティブ能力というよりオペレーティング能力でしか動いてないような。

担当してた作品が終わり、いろいろ考える時間が得られたけど教育面だけは今後どうやってやっていけばいいか正直まだ答えが見つからない。
今までのやり方では明らかにいけないことはわかっている。
はてさて問題は山積みである。
とある呪縛っていうのが一番厄介。
とあるというのは第一印象であったり拘りであったり・・・

まぁここで言えることはここまで・・・・
本当はも~っとも~~っと難攻不落なことが多々あるんですけどねw

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

1日無駄にする
仕事終わって家に着いたのが17時。
そこから程なくして布団入ったら寝てしまって、起きたら丑三つ時。
なんとまぁ大きく振りかぶってのオンエア見れませんでしたよ。
まぁ白箱見たからいいんですが残念です。
しかし朝までどうしたらいいものか。
とりあえず2度寝に1票ですな。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

カラオケ
もっと歌うまくなりてええええ

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

3月17日 ふたご姫打ち上げ
P3170002.jpg

51話が終わって間もなく、ふたご姫の打ち上げがありました。
あれから3週間しか経ってないんですねぇ。
私はもう去年のことのように思えますw
場所は新宿のザ・ワインバーというところで行われました。
佐藤総監督、河本監督はもちろん声優さんや作画、美術、仕上げ、OPED、挿入歌を歌っていた方々、そしてファイン、レインたちまでいてとても賑やかな打ち上げになりました。
私はデジカメ持って撮影係になりましたが、いかんせん壊れかけのデジカメだったのでフラッシュがたかれたりたかれなかったり、シャッター速度が速かったり遅かったりの末期症状。
全然うまく撮れませんでした(ノ∀`)アイター
すみません_/ ̄|○ il||li
恒例のくじ引き大会ではなんと番号を呼ばれて見事大当たり!
何が当たったかというと・・・・・
ピュピュとキュキュのぬいぐるみ!
見事会社のDVD置いてある棚に寄付されました!
さて食事の方は、1次会のときはなんか口に入らなかったのでなんにも食べられませんでした。
しばらくいろいろな方とお話をした後(サトジュンさんともお話したけど何話したか覚えてないや・・・)、1次会が終わり2次会の会場へ。
新宿のどっかの居酒屋でやりました(ぇ。
FKDさん、W田さん、音響の方と作画さん、あとミルロさん、リオーネさんと同席していろいろお話をしました。
なぜかうちの兄貴の話で盛り上がったのは覚えていますw
そういえば兄貴は免停中なんですが、家に置いてあったバイクが盗まれたそうです。
かなりショックを受けてましたな(そりゃそうか
この時期は多いですね。
にくきゅうさんも盗まれたそうで・・・
にしても兄貴の家って細い路地入ったところにあるんですよ。
普通に入ることは絶対ないような感じです。
ということはもうそのバイクを狙ってやったとしか思えませんね。
話は脱線してしまいましたが、いろいろな裏話が聞けて面白かったですw
この時ミルロさんたちに打ち上げ旅行参加します!って断言しちゃったんですが、結局その日は疲れがとれなくて家でバタンきゅーして行けなかったんですよねぇ。
行けなくてすみませんでした。_/ ̄|○ il||li
その後3次会に誘われたのですが、仕事があったのでこれにてドロン(死 しました。
会社に行く途中、なぜだか急に腹が減りだす。
結局コンビニ行っておにぎりを買って食ったんですが、ん~なんでだろう?
やはり緊張してたのかなぁ・・・・自分ではそうは思ってなくてもなにやらいろいろ興奮していたのでしょう、全然食える気配じゃなかったのに会社戻ったら安心したせいかグーグー腹がなる。
つまりこの日記で言いたかったのは「人間ってよくできてますね。」ということ だと思う。

打ち上げ楽しかったです。
最終話に向けてやたらテンションを上げることができました。
そして運命の8日間が始まる・・・

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

ウイイレ
PS2のウイイレやりて~~!
DSのウイイレは600試合で飽きました。
なぜかシェフチェンコだけいくら頑張ってもMVPにならないんですよ。
いくら点を取り巻くってもスタメンにもベンチにも入っていないペルッツィがMVPになるんですよ
シェフチェンコがMVPになるまで頑張るぞっと思ってからはや600試合。
どうやら駄目なようです。
まるで今の彼を物語っているかの如く…
今日の一日 4月6日
なんだか左腕が痛い。
けど我慢して仕事しました。
みんな気づかなくて何より。
それにしても車に当てられた方じゃない腕がなんで痛くなるんだろう?
ふしぎふしぎ~

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

今日の出来事 4月4日
昨日は打ち合わせがものすごく長引いて、家帰ったらもう疲れちゃって更新できなかったです。
すみません_/ ̄|○ il||li
朝駅から会社への道を歩いていたら、後ろから車に右肩辺りをパコーンとおもいっきり当てられて逃げられました。
いって~~~って思いながらまあいいかと会社へ。
いろんな作品手伝って今日はゆったりのんびり気分。
お昼どうしてもハラヘッタのでマックでチーズバーガー、三角チョコパイそれぞれ1つずつ頼んじゃいました。
アイタタタ200円という豪華な昼食。
飯も食べたしさっさと仕事を終わらせる。
その後、新番組は何が良さげ?って話しで盛り上がり、精霊の守り人がすばらしいクオリティだけど、グレンラガンの最初のタイトルロゴが出る20秒くらいの尺の超絶作画T.Bとヨーコさんに軍配が上がる。
ピンTが作画って熱いですよね~。
そして今日のメインイベントのマネージャーとの面談。
随分長い時間話しました。
一人1時間のはずが2時間半も話しこんでしまいました。
今日話したことは全て心の中にしまっておきます。
とりあえず行動あるのみということは確かなようです。
そして家に帰り玄関を開けると・・・・・

P4040001.jpg

PC用のイスが届いていました!
早速開けたいところですが、もう親父が寝ているので明日の朝にでも組み立てようと思います。
今1000円のイス使ってるのでヤバイほど腰が痛くなりますw
というか元々背骨一回折ってるのにそんなイスに座ってる自分が悪いんですが・・・
そんなこんなで明日からもう天国みたいな生活になるはず!
これでイスで寝ても大丈夫大丈夫。
イスはデスクワークしてる人は非常に大事ですな。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

ね、眠い
久しぶりに定時に行ったんですが、寝るのはいつもの時間だったので1時間半しか寝てなかったです。
明日も定時で行くつもりなんで早寝しますか・・・・

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

ふしぎ星の☆ふたご姫GYU! 第50、51話
この2話はエフェクト的なことが繋ぎになっているので、いつもは美術さんや仕上げさんとも一緒に打ち合わせするのですが、今回は別に機会を設けて50話の演出大脊戸さんと51話の演出FKDさんとW田さんと自分とで打ち合わせしました。
一番のネックはドームの処理で、これは結構前からテストを出して何回か作り変えていました。
この打ち合わせでもテストムービーを持っていき若干の修正が入りましたがなんとか完成形が見えた感じでしたね。
他に問題となったエフェクトはブラッククリスタルキング(BCK)でブラック星に憑依してるときは気体、ロイヤルワンダー学園を乗っ取るときは液体、そしてスワンを吸収したときは完全体の固体、という差をつけることですね。
それと51話の多数のモーフィングカット。
モーフィングというのはある物体が別の物体に変形してるように見せる手法で、つまり最初の絵と最後の絵の間の経過の絵をコンピュータ上で作成し補完してくれるエフェクトです。
ようは作画じゃなくコンピュータで中割りすることです。
ちなみに作画である物体から別の物体に変形させることはメタモルフォーゼというみたいです。
モーフィングソフトElasticRealityを使おうかとも考えましたが時間がある限りAfterEffectsで完結させようと思いました。(大人の事情により)
打ち合わせが終わった後、まず思ったことは50話から最終話まではもう通撮カット(BGとセルを合成させてタイムシート通りにキーフレームを打ってアニメーションにする基本的なカット)は他の人たちや○久保さんにまかせてW田さんと自分はエフェクトカットだけに集中しないと間に合わないということですね。



まず50話の方ですが、BCKの処理は気体の処理をW田さんが、液体の処理を自分がやることになりました。
液体の処理に関しては今までにやったことのないやり方をしてみようと思い、セルの色の変え方も普通じゃ使わないpluginを使ってやりました。
ただ変に作りこんだせいでかなり構造が無茶苦茶な感じになってしまい、さらにレンダリングもそれに応じて時間がかかってしまいました。
そしてさらに大変だったのはBCKの瞳のオーラです。
あれは実は他の作品で北斗の拳みたいなオーラを作ってくれと頼まれて何度も実験して作り上げたやつで、結局その作品はオーラが作画で来てしまったのでお蔵入りしてしまったのですが、W田さんが「瞳のオーラでケンシロウオーラ使ってみたら?」と言われたので復活!
ただこのまま使うと本当にケンシロウオーラになってしまうのでアレンジして使うことにしました。
当初2コマ打ちとフルコマが混合した昔よくあった手法を使ってみようかと思いましたが、主張が強すぎるしセリフと合わないこともあって歪みの数値だけを頼りました。
そして一番厄介だったのがオーラの軌跡で、これは作画にあわせて軌跡を描いているので1カット1カットつけなおさないといけない状況になってしまいました。
50話はともかく51話はいくつもあるので間に合うかどうか心配でした。
ドームの処理は数が数なんでW田さんがまず乗せ方を決めたあと自分とW田さんとO久保さんで手分けしてやることにしました。

他に担当したカットは、みんなが実の中に入れられるところ、実がドームから出てくるところ、ファインレインがドームに入るところ、そしていつもどおり一人魔法などなどです。
あと羽が散るカットをやったのですが、「決めポーズ合わせでちょっと控えめで」と言われたのでそれを頭に入れて作業しました。
しかし前回書いたとおりこの決めポーズのカットは変身、魔法BANKの中で一番レンダリング時間がかかったカットだったので改良しなければなりませんでした。
が、この改良はうまくいったのですが、時間のかけすぎでテイク1アップのリミットになってしまったので、ブラック星から滴り落ちるBCKのカット一連が全てタイミング、つまりテイク0という全く処理のかかっていないこのままでは使えない映像を出さざるを得ませんでした。
その後はとにかくDB(ダビング)前には、テイク0をテイク1にすることだけを考えて作業しました。
結果的には問題なくうまくいったので安心しました。



51話の方は、常にドームの処理がかかっている状態だったので3人でやっていたらそれだけで時間になってしまう!ということでみんなにもやってもらうよう香盤表以外にもドーム処理用の説明書みたいなのを作成しました。
ちなみに香盤表や説明書はDTP時代の経験を生かしてイラレで作成しています。
みんながドーム処理をやってくれることによってかなり負担が軽くなりました。
ただテクスチャ自体のサイズが大きいものじゃないといけなかったので、レンダリングがとてつもなく時間がかかってしまいました。
それに加え自分の担当だった液体BCKも通常サイズのものならそんなに時間がかからなかったものの、大判サイズは作業もレンダリングもかなり使ってしまいました。
これじゃまずいと思い、W田さんがドーム内にいる時用としてドームテクスチャの軽い素材を1晩かけて作ってくれました。
これによりレンダリングの負荷が減り、なんとか通撮(ドーム内部含む)カットはスムーズに運ぶことに成功しました。

自分のやったカットをまとめると、ハッピーオーラが吸い取られるカット、BCK(液体時)、BCKの瞳のオーラ、ビビンがドームに入るカット、一人魔法、羽が散るカット、黒い球体からスワンが現れるカット、そして木がドームの中に入りトゲトゲにモーフィングするカットとソレイユベルがBCKに侵食されてトゲトゲにモーフィングするカットです。
BCKが液体から固体になる一連はW田さんがやってくれました。(もちろん祝福魔法も)
モーフィングとハッピーオーラ以外はほぼ1日でやったのでかなりしんどかったですね・・・・
まず羽が散るカットは前回で改良していたのですぐにできました。(後にえらいことが発覚しますが)
スワンの入っている黒い球体自体はW田さんがデザインしてくれましたが、球体からスワンが出てくるところだけちょっとピンっときたのでやらせてもらいました。
どうしてもただのF.O(フェードアウト:だんだんとなくなっていくこと)にしたくなくて、頭の中でプチプチと穴が出てきてそれが拡がりなくなっていくという絵をシュミレーションしてしまったのでこれはやらないと!って思ってW田さんに渡さないでやってしまいました。
ハッピーオーラはテイク1アップ時は、カリっとした玉を作ってしまってどう見てもハッピーに見えなかったのでリテイクに。(すみません)
そしてリテイク期間で改良して1つ1つの玉の中身が違う動きをさせて、さらにふんわり感を出してレンダリングしたらなんと10台それ用にマシンを動かしても3時間18分というとんでもない時間を要してしまいました。
チェック時、頼むからリテイクにならないでくれって願いましたw
BCKの液体と瞳のオーラ処理は、数が数だったので自分一人ではどうしようもできなくなり、Oさ田くんに手伝ってもらうことにしました。
ただ参考カットを見せるだけでは理解できないというか、瞳のオーラ自体はフィーリングで1カット1カット作っているので構造を1つ1つ教える必要がありましたが、それで数カットやってもらえて随分楽になりました。
Oさ田くんありがとう。
しかしながらやはりモーフィング一連がどうしても手がつけられなく、他にもいろいろなカットが結局間に合わなくてタイミング(テイク0)が結構な量になってしまいました。
しかもモーフィングがからむカットはどれもテイク1アップの2日後のDB(ダビング)にも間に合いませんでした。
そして始まったモーフィング泊まり。
ドームに侵食されて木がトゲトゲになるカットは試行錯誤の末、3段階に分けることに決めました。
入る前の木と入ってから木がトゲトゲにモーフィングするとことトゲトゲでレイヤーを3つに分けました。
というのはモーフィングの性質上、変形させる物体が全てドームに入らないと変形させられないからです。
他にも木がくっついて1つ1つに分けられてないものをどうにか変形させるように見せるための策として3分割にしました。
ちょっとマニアックすぎますね 汗 すみません。
木がトゲトゲになるカットに関しては夜までに完成したので、残りのソレイユベルがモーフィングするカットは最終話の香盤表が終わってからにしようと思い、香盤表制作を先に始めました。
なぜ香盤表を作り始めたかというと、もう次の日から最終話のカットが来てしまうからです。
しかしこれが仇となりました。
最終話の香盤表は前代未聞の4枚組になり、(これは時をかける少女以来ではないかと思います。)時刻を見てみたら日付が変わっているではありませんか!
さすがにまずいと思い、モーフィングに取り組みました。
モーフィングは点を決めてその点の動きを追って変形していきます。
朝10時過ぎにはなんとか完成しましたが、線でいうと合計180本以上、点でいうと1500個は軽く超えてしまいましたw
ただこのカット、自分で作った液体処理が前にのっかってあんまり目立ちませんでしたw
まあ見えにくいところも作りこむのも撮影マンとしては必要ですね。って変な理屈を言って逃れます。
とにかく間に合って良かったです。
しかし、なんとV編後にリテイクが!
それは羽が散るカット。
ファインとレインにパカがあることが明らかに!
あ~~~しまった~~気づいていたのに言うのを忘れてしまった。
_/ ̄|○ il||li
すみません。すみません。
とりあえずリテイクはなんとか終わらせ、危機は脱しました。
そしてそのまま最終話の作業が始まろうとしていた・・・・


50話、51話のスタッフの皆様本当におつかれさまでした!

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

ふと思った
いろんな声優さんの声のカーナビがあったら一部でものすごく売れるのではないかと。
「大阪行かないとあの人の声が聞けない!」とか言ってその声を聞くために大阪へ行ってしまう。
「レアキャラが廃れてしまった観光スポットに行けば会える(聞ける)」などになれば街の再開にもなるんではないか?

駄目?
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。