PANT.U
パンツじゃないよパン・ティーユーって読むんだよ。 アニメよりの特に撮影の記事が多いブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふしぎ星の☆ふたご姫GYU!新BANKについてその2
変身BANK10、11について

カット9のワイプを終わらせた後すぐとりかかったのがこの

「愛と勇気を護るレイン」「夢と希望を護るファイン」

の2カットですね。
シートの指示に「入射光をPANに合わせて回転させてください」と書いてありましたがそれをかっこよく見せるためにはどうするか悩みましたね。
ただ回転させるだけだとどうしてもかっこ悪くなってしまうので・・・とりあえず後回しにしてその他の光の演出を先に考えました。
ちなみにこのカットのシートの指示には入射光とPANとBGの引きだけでその他のハレーションやベルンの光、クロスT光などはおまかせということで私が個人的につけたものです。

最初に思い浮かべたのは自分がガンダムSEEDのXplosionのロゴ映像でも使った

アウトラインに光を走らせる手法

をアレンジできないかということで、迷ってる暇もなくやってみたところ見事に

ガンダムみたいになってしまいましたw

Xplosionのときは光の筋の中に様々なpluginを使用してラメラメチックな感じにしましたがこのカットで似たようなことをやってしまうとそれだけが目立ってしまうんですよね・・・・
これでは可愛さがなく頑固なかっこよさしか印象に出ないと思い光の輝きを抑えて最後にクロスT光を入れてみようと考えました。
で、クロスT光を入れたらハレーションつけられるじゃん!って発想が浮かび前回でも使用したハートのハレーションにさらに星を加えてみることにしました。
本編で使われているクロスT光は素材を使ったものですがBANKはなるべく100%デジタルっていうのがどうも嫌でアナログ感を残したいのでカット毎で手作りをしています。
ハレーションはレインのほうが星多めでファインの方がハート多めに作っています。
最初レインをハートメインのハレーションにしたのですが、なんとなく絵的に納得がいかなかったので星をメインにしてみました。
そして入射光ですがシートとプレビューを長い間にらめっこしてるとあることに気づきました。

先につけたクロスT光とハレーションが出るところがちょうど「レイン!」「ファイン!」と言っているところにジャストミートではないか!

そういうことなら入射光のコマを落として台詞に合わせて入射光の角度を変えつつ上に上昇させればかっこよくなるんではないか?と思いやってみたところ、なかなか理想に近づいてきたので調子よくやっていたら明らかにテレ東チェックに引っかかってしまう映像になってしまいました。
なので光を抑えてみたらなんかしっくりこなくなってしまいどうしたものやら・・・・って思ってキーフレームをいじっていたら一瞬閃きがあり

「愛と勇気」「夢と希望」の部分を3コマ打ちの入射光にして「を護る」を2コマ打ちにしつつ少々スピードをあげてみよう

ってことでああいう光の表現になりました。(アニメは大抵1秒24枚の絵で作られていて、3コマ打ちというのは同じ絵を3コマ表示させることで口パクとか通常の動きはほとんど3コマ打ちで作られています。)
ちなみに納品の前日の深夜から早朝にかけての作業がこれでした。

続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。