PANT.U
パンツじゃないよパン・ティーユーって読むんだよ。 アニメよりの特に撮影の記事が多いブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍耐力
自分で言うのもなんだけど相当の我慢強さがあるっぽい。
小学校4年のころ学芸会で『ガンバと仲間たち』をやったわけですが、私はイカサマ役でした。
でシーンが変わるとき照明が落ち、その間に舞台の袖から袖へ走って移動した途中で照明の角におもいっきり左足の弁慶の泣き所をぶつけこける。
アイテテテ
でその後立とうと思っても激痛が走り立つことができない。
で、仕方ないのでぶつけた左足を引きずって舞台袖に向かいました。
足を抑えてるところがとっても生温かいんですよね。
でなんか暗くてよく見えなかったけど粒粒がいっぱい手についていました。
なんじゃこりゃ!?って感じで足を確認しようにも真っ暗で何も見えない。
でもなんか違和感がある。
弁慶の泣き所あたりに深さ7cmほどの谷ができてるようにしか思えない。
でももう出番が近いので急いでみんなの列に入りシーンスタート。
歌いながら楽しい雰囲気で舞台に入っていくんですがとても歩けない。
でもなんとかして列から出ないようにと思い明るい舞台へ足ひきずりながら登場しました。
明るい舞台でようやく事態の深刻な状態に気づく。
舞台が真っ赤!
弁慶の泣き所が骨が見えるほどばっくり割れている。
手にいっぱいついてた粒粒は脂肪っぽかった。
うおおおなんじゃこりゃあああ!?
でも台詞あるしなんとか演技を続けなくてはと思い痛みを我慢する。
が、しかし舞台袖にいた教師がやっととんでもない事態だとわかり私を舞台からお姫様だっこで連れ去りました。
そして応急処置、大量の血が流れたせいか頭は朦朧としていたが、処置が早かったおかげ大事には至らなかった。
「劇やってるんで救急車は呼ばなくていいです。」って言った覚えがある。
病院へ乗用車で行き、手術しましたが30分かからなかったような気がします。
母親が手術を見たらしいですが「スプラッター」という感想を残している。
親に迷惑かけたなぁと子供心に思った。
しかし迷惑をかけたのはそのときすでに2回目。

幼稚園の頃60キロ以上の車にはねられオリンピック選手もびっくりな側転空中5回転を決めて見事着地に成功した。
そのときはかすり傷ですんだのだが、それはまさに奇跡だった。
病院にじいさんばあさん、親類が揃い踏みした。
幸せな気分になりました。

親に迷惑をかけたのはそれから先も多々あった。
その中でも大学時代の背骨骨折事件は相当迷惑かけたと思う。
 
続く
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。